セフレより援助交際をしてみたい 【wooden cross hardware】

セフレと援助交際の違い

セフレと援助交際の違いはなんでしょうか。
どちらも身体の関係のみの付き合いです。
愛情がある場合もありますが、基本的にエッチが目的なので恋人関係のエッチとは境界線が引かれています。
ではセフレと援助交際……一般人には違いはよくわからないのではないでしょうか。

基本的にはお金の問題です。
セフレで一番重要なのは、お互いの性欲を満たせるかどうかです。
エッチが上手かったり、顔が良かったり、単純に雰囲気の問題もあるでしょう。
しかし、一番重要なのは、愛情以上にこのひととエッチをすることで性欲が満足できるかどうかです。
ですから、セフレではお金は絡みません。
せいぜい男がホテル代を負担するぐらいでしょう。

それに対して援助交際にはかならず要求としてお金が必要になります。
女性の目的は、恋人探しでも、性欲を発散されることでもありません。
性行為をして、お金を得るのが目的なんです。
援助交際は、男がお金を支払うことができなけば関係はお終いです。

どちらがいいというわけではありませんが、援助交際はお金が絡むシビアな関係といっておいたほうがいいでしょう。
援助交際をして、恋人になろうと考える男も少なからずいるかもしれません。
ですが、女性が男に求めるのはお金です。
愛情は求めていません。
ですから、ルックスは見られませんが、経済力は重視されるかもしれません。

18歳未満の子とは出会ってはいけない

援助交際自体に違法性はありませんが、18歳未満の青少年が実践、利用することは法律で禁止されています。
利用者の中には罰則を警戒して青少年を避ける人もいれば、あえてそれを狙う人、気にしない人など様々ですが、常識論としては青少年の援助交際には手を出さないことをお勧めします。
女性が不自然に若く見える場合には何らかの手段で年齢確認ができるといいのですが、さすがに個人情報を提示してもらうわけには行きませんね。

ひとつの技としては、会うときに敢えてゲームセンターなど、青少年が夜に利用することが条例で禁止されているところに遊びにいき、そこのスタッフに確認してもらうよう仕向けることです。

利用者さえそれを見なければ、女性も身分証の提示がしやすことでしょう。
また、女性がお酒が飲めたり喫煙したりするなら、実際には未成年であってもそれをもって身分証の確認をせずとも20歳以上だと判断する材料になり、万が一起訴され裁判になっても、ちゃんと確認したんだから過失はない、と主張することができます。

もちろん未成年と知りながら酒やタバコを勧めて成人のように振舞わせた、ということであれば故意になります。
こういうところの駆け引きにおけるスリルを楽しむというのもひとつの楽しみ方です。